微妙~

子供たちのこと。趣味の話。その他諸々のおしゃべりTIME

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

神はサイコロを振らない

 昨日、また「涙」でした。

 最初、この番組を見続けるとは思っていなかった。と、言うより第一回を偶然見るまでこの番組のことなんてまったく知らなかった。たまたま、本当に偶然、(他に見るような番組がなかったのかな?)第一回を見て「おもしろい!!!」と、食いついてしまったのだ。まさにそういう感じ。
 番組のタイトルと、「超熟」が主演、と言うくらいの情報が頭の隅にあったくらいで臨んだのが良かったのかも知れない。いや、局側がわざと情報を伏せていたのかも知れない。とにかく、1機の飛行機が10年という時空を超えたという設定が面白かった。映画のように戦国時代へ行ったのではなく、10年という短いようで長い期間の時空を超えたという設定が。(微妙好きの私には特に。)

 昨日、10年前の小学生が成長した姿として出ていた「綾瀬君」。めっちゃ、イケメンで、どこかで見覚えのある顔。それがどこで見た顔なのか、なんという俳優さんなのかが知りたくて、番組名で検索したいくつかのブログからヒントを得た。雑誌で顔を確認したら、「城田優」君という、舞台版「テニスの王子様」で手塚部長を演じた人らしい。すっきり。

 この作業のために目を通したブログを見て、かなり幅広い世代の視聴者がいるなぁ、と思った。そういえば、良い子のロイルは第1回を見ただけで、虜になったものの、目の前に学年末テストが控えていて我慢しているけど、いつの間にか…例によって…気付けば隣でめーぷるが並んで見ていた。
 だって、ロイルの好きなSF的な面白さもあれば、いろいろな人生が交錯しているドラマでもあるから。(めーぷるは子役に弱いらしい。10年後に来たら、両親が離婚していたという少年の話のあたりから見ている。)

 10年前に「消えた」便の副操縦士(山本太郎)が恋人だった、ヒロイン(小林聡美)が後悔や諦めで過ごした10年。突然、10年前のそのままの姿で目の前に現れた(若い)彼に戸惑う。当たり前だ。
 同じように、乗員、乗客のそれぞれや、その家族の人生が毎回綴られている。
 思えば、第1回から涙なくして見れないドラマ。ドラマの内容だけでなく、そこに自分自身の10年が反映されているせいかもしれない。なぜかというと、タイトルバックにでてくる言葉。これがある程度の年齢を経た人には、グッと来るものがある。(製作サイドの思う壺にはまっている?)

 「10年前に愛していた人を、
  今でも一番愛していますか?」

 「10年前の正義感や情熱を、
  今も持ち続けていますか?」

 「10年前になりたかった自分に、
  今なっていますか?」        …etc.

 最後は、中村君@航星の粘り勝ちで皆が生存の方向へいけるといいんだけど。

 このドラマには姜くんと縁のある、片桐仁さん、丸山智巳さんが出演している。片桐さんはまんま、だけど、丸山さんが面白かった。「OZ」の精悍な傭兵、「デザイナー」の怪しげな執事…とはまったく違うヤンキーの兄ちゃん。まったく違うキャラで、楽しめた。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://jijiji.blog26.fc2.com/tb.php/117-889ebc7c

神はサイコロを振らない神はサイコロを振らない(かみはさいころをふらない)1926年12月にアルベルト・アインシュタインからマックス・ボルンに送られた手紙の中で、"Der Alte w?rfelt nicht." 日本語訳、「神は賽を投げない」と不確定性原理への反論に使われた

Menu

最近の記事

プロフィール

ジジ(るみ)

Author:ジジ(るみ)
初めてのブログです。

旦那=keima
息子=ロイル
娘=めーぷる  …の4人暮らし

日々感じたことや昔話、いろんな顔のるみが混在しています。
カテゴリー別にご覧ください。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。